リクルート用PR動画も映像制作会社に相談しよう

たびたび人手不足が問題になります。ビジネスが好調なら受注を増やしてどんどん稼ぎたいところ、採用をかけても応募者が来ないというケースもままあります。受注を増やしても今の人数では仕事をさばけないので、泣く泣く受注を見送る、そんなことを続けていると、最悪の場合は倒産に追いやられてしまいます。
新卒中途問わず、人材の確保がうまくいくかどうかは企業にとっては死活問題です。採用活動に力を入れなければとお考えなら、魅力的なPR動画を武器として使うことを検討してみましょう。
会社説明のツールとして動画を使うと、パンフレットなどの紙媒体よりもずっとリアルに会社の魅力を伝えることが出来ます。今現役で自社で働いている人達の生の声、会社の代表者の肉声や、仕事風景や研修風景を撮影したシーンなどを盛り込むと、その会社に入るとどんな生活が待ち受けているのか、採用候補者がイメージしやすくなります。
そうしたリクルート目的のPR映像の制作に関しては、ビジネス向け映像制作会社に相談するのがお勧めです。ビジネス向け映像制作会社はテレビコマーシャルを作るところと思われているかもしれませんが、実際に制作する動画の範囲はもっと広いのが普通です。採用活動のための動画も制作してくれるところが多いですので、まずは相談してみましょう。

映像を作成するときは映像制作会社にまかせませんか?

皆さんが、ビジネス向け動画を作成しようとした場合何を重視しますか?
見栄えや予算、はたまた、任せる会社の規模やイメージでしょうか?
考え方や選び方は千差万別ですが、しっかりとした映像制作会社を選ばないと後々苦労するかもしれません。
世の中に映像制作会社は非常にたくさんありますが、その実力には大きく差があるのも事実です。
映像制作のみに特化した会社や窓口のみを行い制作はすべて外注にまかせっきりの会社や総合的にプランから制作まで一貫して担当してくれる会社。
今簡単に分けただけでもこのように千差万別です。

しっかりとした会社を選ぶためにはどこを基準に選べばよいでしょうか?
先ほど挙げた例で良し悪しが決まるというつもりはありません。
制作のみに特化した会社でも親身になって聞いてくれる会社もあるはずです。
大事なことはいかにクライアントの話しや伝えたい目的に寄り添って考えてくれるかが重要となります。
ここをおろそかになっていると出来上がったものがイマイチなんてこともあり得ます。
また、自社で製作した場合と大きな違いもあります。
プロが作成した動画はやはり見ている視聴者もクオリティの違いが何となく判ります。
ブランディングなどのイメージ戦略を行う場合はなおさらですが、こういった少しの差の積み重ねが重要となります。
皆さんビジネス動画作成の際は、ぜひプロの映像制作会社をご使用ください。

ヘッドライン

WEBも効果的に使える映像制作会社とタッグを組もう

効果的なWEB動画を考えるなら実績がある映像制作会社を選ぼう インターネットを使って何でも調べられる時代になっていますから、会社の紹介や商品のPRの方法としてWEB戦略を練ることが欠かせなくなっています。その方法として効果が期待できるのが…

More...

自社のブランドイメージを上げるならPR動画はプロの映像制作会社に

リクルート用PR動画も映像制作会社に相談しよう たびたび人手不足が問題になります。ビジネスが好調なら受注を増やしてどんどん稼ぎたいところ、採用をかけても応募者が来ないというケースもままあります。受注を増やしても今の人数では仕事をさばけない…

More...

拡散される動画やインタビュー動画など専門的な映像は専門会社へ

拡散される動画を作りたいなら映像制作会社に頼もう 動画を使って、自社サービスや製品、スペシャルイベントなどを宣伝する場合、もっとも効率が良いのは、それを見た人がSNSなどで拡散してくれることです。こうした動きが出てくると、広告宣伝費をかけ…

More...

映像制作を熟知している映像制作会社に依頼して新しいPRを

映像制作会社に相談して新しいPR方法を生み出そう ビジネスの成功のためには、とにもかくにも自社について広く認知してもらうことが大切です。そのためには、昔ながらの新聞広告やDM、展示会、プレスリリースなど様々なやり方があります。しかし、今は…

More...

更新記事リスト

2018年08月27日
WEBも効果的に使える映像制作会社とタッグを組もうを更新。
2018年08月27日
自社のブランドイメージを上げるならPR動画はプロの映像制作会社にを更新。
2018年08月27日
拡散される動画やインタビュー動画など専門的な映像は専門会社へを更新。
2018年08月27日
映像制作を熟知している映像制作会社に依頼して新しいPRをを更新。
トップへ