世間では、沢山の種類の犬用ドッグフードが販売されています。ペットの身体に合ったフードを選びたいと、誰もが考えるでしょう。しかし、あまりにも沢山の種類が販売されている為に、どれを選んで良いのか解らなくなってしまうのです。国産のものや、海外で生産されたもの、価格が安いものや高い物、インターネットの口コミで調べてみても、情報が多すぎて余計に迷ってしまうのです。そこでこちらでは、愛犬に与えたいドッグフードのおすすめの選び方をご紹介します。金額もパッケージも原材料も違う為、どれを選んでよいのか迷ってしまうと言う方は、是非参考になさってください。本当に身体に合ったものを与えることで、体調が良くなったり体つきが変わってきたりしますので、本当に良いフードを選ぶことが重要です。

ドッグフードは原材料をチェックしましょう。

フードを選ぶ時に参考にするべきものは、原材料です。パッケージで選ぶ方もいらっしゃいますが、一番よく見て欲しいのは、入っている食材となります。フードに配合されている食材が、人間が食べても大丈夫なぐらい新鮮なものを試用しているかどうかがポイントとなってきます。スーパーマーケットなどで販売されている低価格なフードは、原材料が人間の食べる事が出来ないような食材を使用していることが多くあります。こういったものを犬に与えてしまうと、食いつきが悪かったり、下痢や嘔吐・毛抜けなどを引き起こしてしまうことがあります。毎日食べるものですから、新鮮な食材を使用し、なおかつアレルギーが出にくい食材を配合しているものがお勧めです。小麦はアレルギー症状が出る可能性が高くなりますので、控えた方が良いでしょう。まずは原材料を見て選ぶことが必要です。

ドッグフードの上手な変え方について。

愛犬に与えるフードを変更する時には、ゆっくりと少しずつ、新しいフードの割合を多くしていくことをお勧めします。急に全てのフードを新しいものにしてしまうと、びっくりして何も食べなくなってしまったり、お腹を壊してしまうことがあります。その為、まずは今までのフードの三分の一を新しいものに変更するのです。じっと見て観察したりせずに、今までと何ら変わりなく飼い主が与えることで、ペット達は安心して食べてくれます。何か新しいフードを混ぜて与え、体調に変化が無いと解ったら、だんだんと新しいフードの分量を多くしていくのです。その為、フードを変更する場合は余裕を持って、ゆっくりと変更していくことが大切になります。食べ終わった後の食べ残しや体調・便などをチェックしながら行いましょう。