犬のドッグフードにかかる費用について

2017年5月2日 no comments

犬の食事に必要不可欠なドッグフードですが、与える物によって費用は重なりもすれば、安く済む可能性もあります。乾燥した小さい固形状の食品は、保存も利く上にコストも低めであるメリットは強みです。一匹なら一ヶ月分(1kgから3kgの範囲内)で1000から5000円で済ませられるのも利点です。缶詰タイプやアルミパウチに入ったドッグフードは鮮度があり、生よりの食品ですが、値段は高めとなります。一缶や一パックで100円以上はする場合は多く、一日に二日与える場合は月におよそ6000円以上は必要です。比較すると乾燥した固形状の食品の方が安くて経済的となります。状況に応じて与える餌を変えていくと、犬も飽きずに食事を楽しめる可能性は増します。缶詰やパウチと合わせて使う事もポイントです。

費用を極力は安くする方法、与える餌を追加する

犬の食費はやり方次第で安くする事も可能です。基本的には乾燥したドッグフードを与えれば、栄養を摂取させながら、お腹も膨らませる事が出来ます。月に5000円以内で収める事も可能ですが、それは一匹の場合に限ります。複数を飼っている場合はコストが高く付く可能性はあります。もしも極力は費用をカットしたいならば、人が普段から口にする食品を与えるのも一つの手段です。小麦粉を利用して、ペットの餌の量を増やすのも策になりますが、乾燥タイプの餌の原材料にコーングリッツや小麦粉を使用しています。ペットには基本的には無害であり、工夫次第では節制する事が可能です。小麦粉を水で溶いて、フライパンに加熱して出来上がった物に生タイプの餌と混ぜ合わせれば、繊維質をプラスさせる事が出来ます。

健康を考えながらコストをカットする

小麦粉自体は犬やペットに対してデメリットを与えにくいです。ドッグフードに配合する機会があり、原材料としても用いる食品となりますが、人間が口にする小麦粉は原価が非常に安いですから、コストをカットしたい場合は利用する事が出来ます。あくまで一例ですが、味と匂いに気をつければ食べる場合は多いです。基本的には肉食がメインとなりますが、野菜を与える事は忘れない事が、ペットの健康を維持する為に必要なアクションです。普段から人間が食べる緑黄色野菜に手を加えて、ペットに与えれば費用の節約と栄養補給をさせる事が可能です。ペットにも酵素は必要です。仮に生キャベツを細かく刻んで、ペットに与える専用の食品と混ぜ合わせれば、食物繊維とビタミン、ミネラルを追加させられます。安く済ませたい場合は、普段から人間が食べる食品を合わせる事がポイントです。しかし、野菜でも水っぽいトマトやスイカは避けるべきです。