犬にやさしいドッグフードの共通点

2017年5月2日 no comments

犬は感覚が鋭く味や匂いに敏感です。与える食品に気を使わなければ体調を崩してしまったり、病を引き起こしやすくなりますから、食べさせるドッグフードや食品は選択していく必要性はあります。基本的には肉食の動物ですが、野菜を配合した食品を与えると体調不良の要因を避ける事が可能です。野菜粉末やエキスを配合した動物専用の食品は、ビタミンやミネラル、クロロフィル(緑野菜に含まれる葉緑素)、食物繊維を含みますから、体調管理に適しています。ペットフードの基本は肉ですが、鳥や豚、牛の肉は身体を酸性に傾ける要因にもなります。食物繊維は殆ど含まれていないですから、適量を与える事がポイントです。化学物質(着色料、保存料、香料)を使用した食品を与えない様に神経は使う必要もあります。身体に優しい健康食品(ペット用)の共通点は、無添加でビタミンやミネラル、野菜やハーブを配合しています。

野菜やハーブを配合した健康食品(ペット用)

犬は植物や野菜を自発的に食べない傾向にあります。基本的には肉食生物ですから、適切な躾や教育をしない限りは本能に基づいて狩りを行う、肉類を食す為に探し回ります。しかし、飼い主の教育次第では野菜や植物を食べる様になりますから、日頃から与えるドッグフードには神経を使う事はポイントです。野菜ならば小松菜やキャベツ、人参もしくはサツマイモを配合したペットフードは身体にメリットを与えます。それらの野菜や芋はペットに不足しがちなビタミンやミネラル、食物繊維を含んでいますが、体内のバランスを保つ為にも必須な存在となります。動物にもph値がありますから注意する事は重要です。ph値とは酸性からアルカリ性の度合いを示す数値であり、酸性に偏りがちな場合、病にかかりやすいですから、犬のph値のバランスを保つ事により、健康を維持する事が可能です。

化学物質を避ける必要性がある理由

ペットに優しいドッグフードの共通点は肉類だけではなく、野菜や植物、ハーブを配合している健康的な傾向にあります。化学物質も無添加であり、ナチュラル志向が目立ちます。化学物質とは人工着色料、化学的に作られた保存料、石油から得られた香料を指します。犬にとって化学物質は大敵です。人間の生態とは異なり、身体の中はデリケートです。人工着色料はタール色素から作られた、発癌性の恐れがある物質です。現在でもドッグフードに食紅や人工着色料を添加する会社が存在しますから、そのような食品は与えない様に避ける必要性があります。化学的に作られた保存料は安息香酸ナトリウムやメチルパラベンを指します。それらはアレルギーの要因を生み出す、癌を誘発させる原因になりますから、与えない様に配慮する事がポイントです。石油から得られた香料もかゆみや体調不良を招きます。ペットに優しい健康食品の共通点はデメリットを可能な限り除去します。